浅草革屋フジトウ商事 MENU

おすすめ

様々な皮革を種類ごとにご案内いたします。
ご注文・ご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【フジトウ商事の取り組みを具体的に】

近頃は耳にする機会が増えて来たのではないでしょうか?

【SDGs】エスディージーズ

持続可能な開発目標

フジトウ商事も数年前から取り組んでおります。

今回はその内容を具体的にご説明させて頂こうと思います。

 

①働き甲斐も経済成長も

これは「社員とその家族の幸せが続くような会社にしたい」と言う弊社社長の思いから出来た社訓に基ずき、社員全員が共有している理念です。

いわゆるメンバーシップ型とジョブ型の良いとこ取りで年齢・性別を問わず、皆でアイデアを出し合い、皆で悩み、皆で楽しみながら商いを行っております。

これってけっこうすごい事だと思います。

 

②産業と技術革新の基盤をつくろう

温暖化問題が話題になっていますが実は皮革にも影響が有ります。

きちんとした科学的根拠は無いのですが温暖化が進むと原皮が悪くなります。

原皮が悪くなると皮革としても悪くなります。

温暖化対策は急務ですがすぐに結果が出るものではないと思います。

ならば原皮は今後も悪くなるであろうと想定し、それを技術で補い良い皮革を、様々なパターンでトライとエラーを繰り返し、日本の皮革業界の技術をもう一段階引き上げようと奮闘中です!

 

③人や国の不平等をなくそう

これは商人として在ってはいけない事です。

国内の仕入れも海外の仕入れも、加工場とのやりとりもあくまでフェアに、適正な対価をお支払いしております。

資本主義の見解からすると非効率なのかもしれませんが末永く商いをさせて頂く為には必須です。

例え顔を見たことが無くても、どこかの誰かにしわ寄せがいかないようにしていかないといけません。

 

④パートナーシップで目標を達成しよう

最初にSDGsの取り組みを始めようと社内で意見を出した際は賛否が有りました。

「一介の中小企業が取り組んだからって何になるんだ」

「SDGsで飯は食えるのか?」

「良く解らないものにお金をかけるのは非効率だ」

などなど言われました、社長ですら難色を示す顔色でしたから・・・。

ですが今日では弊社だけではなく同じく取り組みに賛同してくれる取引先や工場が増えて来ております。

今後はその様な工場や取引先の商品を増やしていく事で回り廻って世の中の為になるようになっていってほしいです。

 

最後に

SDGsと言うとエコロジーとかリサイクルとかをイメージする方が多く、上記だと当てはまらないじゃん。

となる方もいらっしゃるかもしれませんがご存じだと思いますが皮革は人が食肉や搾乳の為に育てた生き物の副産資源です。

既にエコロジーでリサイクルなんです。生きるために食す、そして余すことなく皮→革にして利用する。

この素晴らしい産業を続けて行けるようにこれからもSDGsに取り組んでいこうと思います。

 

コロナ禍が続く昨今ですが遥か先人達から紡いでもらった命とこの世界を次の世代の人たちが苦労しなくて良い様に一日を大切に生きて行きましょう。

自分の子供たちに苦労をさせる事になる行為は慎み、みんなで社会を良くしていきましょう。